【令和の書法道「鳳舞」/令和時代】
http://reiwa80.blog.jp/archives/17589394.html


作品価格@令和時代>ページを「令和時代」ブログ内に作りました♪ 


■タグ=吉祥院心龍作品、鳳舞、鳳凰、北洞院流書法道、北洞院流、吉祥の印、瑞祥文様、吉祥院心龍、作品、書法道

 以下は、非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter)の書の指揮を執るわたくし吉祥院心龍北洞院流書法道正師範公式ブログ公式Blog2アメブロfacebookInstagramYouTube公式HP)の投稿です。

令和の書道法「鳳舞」/令和時代画像01

https://livedoor.blogimg.jp/reiwa80/imgs/3/6/3637642e-s.jpg

 本日のブログは『令和の書法道「鳳舞」/令和時代』です。
 ミラーサイトのタイトルは【吉祥院心龍作品「鳳舞」/北洞院流書法道】です。

 吉祥院心龍作品「鳳舞」は、鳳凰(ほうおう)が優雅に舞う姿を表しています。
 吉祥院心龍作品「鳳舞」は、「鳳」を行書体、「舞」を草書体で創作しています。

 鳳凰(ほうおう)は吉祥のしるしとして用いられる為、金を散りばめた赤い紙を選択しました。
 吉祥院心龍作品「鳳舞」は、毛筆体を生かして太さの変化、自然な動きを付けています。
 全体的には、力強く豪華な雰囲気の仕上がりです。

 因みに鳳凰(ほうおう)を調べてみますと、<空想上の鳥の名。古来中国で麒麟、亀、竜とともに四瑞として尊ばれた。嘴は鶏、顎はつばめ、背中が亀、尾は魚、首はへび、前部が麒麟、後部がしかに似、聖徳の天子の兆しとして出現すると伝えられる。鳳は雄、凰は雌。仏教とともに日本に伝来、瑞祥文様 (瑞祥はめでたいしるし) として用いられる。> 
 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説』より引用。


 鳳凰(ほうおう)は、瑞祥文様ですので着物や帯など色々な所に描かれています。

令和の書道法「鳳舞」/令和時代画像02

https://livedoor.blogimg.jp/reiwa80/imgs/9/c/9c3d268c-s.jpg


 これまで当ブログでの吉祥院心龍作品です。
 以下ご参照下さい。
吉祥院心龍の「昇龍」/京都国際芸術院
吉祥院心龍作品「景雲飛」/北洞院流
吉祥院心龍作品「いろは歌」/北洞院流
吉祥院心龍作品(2)「いろは歌」/北洞院流
吉祥院心龍作品(3)「いろは歌」/北洞院流

 尚、これらの作品はご希望の皆様に頒布させていただいております。
 お気に召した熟語や漢字、フレーズなどを色々な書体で揮毫・認書させていただきます。
 額縁、掛け軸など装丁もお好みに合せて製作させていただきます。
 詳しくは以下にお問い合わせくださいませ。

■連絡先:吉祥院心龍北洞院流書法道@一般社団法人京都国際芸術院
<eMail: kiaigia@outlook.com