【令和の書法道「真玉泥中異」/令和時代】
 http://reiwa80.blog.jp/archives/17623541.html

 先日作成した「令和時代」ブログ内で<作品価格@令和時代>ページの更新を続けています♪

 本日のブログは『令和の書法道「真玉泥中異」/令和時代』です。
 キーワードタグは令和、書法道、真玉泥中異、心龍展、衝立、令和時代、吉祥院心龍、禅の言葉、北洞院流、京都国際芸術院です。

 ミラーサイトのタイトルは【吉祥院心龍作品「真玉泥中異」/北洞院流】です。

令和の書法道「真玉泥中異」/令和時代画像01

https://livedoor.blogimg.jp/reiwa80/imgs/4/e/4e17faa4-s.jpg


 以下は、我が非営利型一般社団法人京都国際芸術院法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter)の書の指揮を執るわたくし吉祥院心龍北洞院流書法道正師範の投稿です。


 吉祥院心龍作品「鳳舞」は、我が非営利型一般社団法人京都国際芸術院法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページ/の書の代表、吉祥院心龍北洞院流書法道正師範公式ブログ公式Blog2アメブロfacebookInstagramYouTube公式HP)が精魂こめて揮毫認めた(きごうしたためた)書作品と書のモダンアート作品です。

 この「令和時代」のブログサイトの<作品価格@令和時代>で紹介させて頂いて、心龍展の一作品として販売していく所存です。

 吉祥院心龍の「真玉泥中異」は、「しんぎょくでいちゅうにいなり」と読みます。
 真の玉は泥の中にあっても異彩を放つという意味です。
 「あなたが本物の宝石なら、たとえ泥の中にいたとしてもその輝きは失われない」と説く禅の言葉です。

 今の境遇に不満を抱かず『何処にあっても全力』の気持ちが大切です。
 「真玉泥中異」は、以上の様な解説が書かれていました。

「真玉泥中異」は、心に刻んでおきたい言葉、座右の銘として最適な言葉の一つです。