【令和の書法道「和」/令和時代】
http://reiwa80.blog.jp/archives/17726835.html


 先日作成した「令和時代」ブログ内で<作品価格@令和時代>ページの更新を続けています♪

 本日のブログは『令和の書法道「和」/令和時代』です。
 キーワードタグは令和、書法道、令和時代、和、心龍展、吉祥院心龍、楷書、北洞院流、エリ子花前カレン、京都国際芸術院です。

 ミラーサイトのタイトルは【大人書道お手本「和」/吉祥院心龍@京都国際芸術院】です。

令和の書法道「和」/令和時代画像01

令和の書法道「和」/令和時代画像01
https://livedoor.blogimg.jp/reiwa80/imgs/2/2/22aea35a-s.jpg

 
 以下は、我が非営利型一般社団法人京都国際芸術院法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter)の書の指揮を執るわたくし吉祥院心龍北洞院流書法道正師範の投稿です。


 吉祥院心龍作品「鳳舞」は、我が非営利型一般社団法人京都国際芸術院法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページ/の書の代表、吉祥院心龍北洞院流書法道正師範公式ブログ公式Blog2アメブロfacebookInstagramYouTube公式HP)が精魂こめて揮毫認めた(きごうしたためた)書作品と書のモダンアート作品です。

 この「令和時代」のブログサイトの<作品価格@令和時代>で紹介させて頂いて、心龍展の一作品として販売していく所存です。


 今日は、「和」の書き方を説明致します。
 先ずは楷書体からです。
 写真の赤で囲んだ部分は一旦打ち込み一拍休止してから書き進めます。

 線の書き始めを起筆(始筆)、書き進めた線を走筆、書き終わりを終筆といいます。

 一画目から二画目は楷書体であっても見えない線がありますので気脈を通して書いていきます。
 リズム良くのぎへんを書き、へんを書き終えましたら一呼吸。

 続けてつくり部分の「口」を書きます縦線は少し内側向きに書き、終筆を少し出すのがポイントです。

 繰り返し練習しているうちに自然な筆使いになっていきます。
 のぎへんのつく他の文字も合わせて書いてみるとバランスの取り方の勉強になります。